山口紗知

演奏を聴く

山口紗知(ソプラノ)

東京都小平市在住。国立音楽大学声楽科を卒業後、別科を経て2017年3月に東京藝術大学大学院古楽科バロック声楽専攻修士課程を修了。修士論文では、"17世紀後半イギリス王政復古期の女優登場とマッド・ソングの関係性"について執筆。

声楽を羽根田宏子・佐藤ひさら各氏に師事。バロック声楽を野々下由香里・鈴木美登里各氏に師事。これまでに「古楽アンサンブル コントラポント」「Salicus kammerchor」の公演に参加し、声楽アンサンブルの研鑽を積む。近年はウェブCMやゲームアプリのBGM等のレコーディングにも参加。